ジャパン・スネークセンター
管理・運営 (一財)日本蛇族学術研究所
〒379-2301 群馬県太田市藪塚町3318
TEL. 0277-78-5193  Fax 0277-78-5520
Copyright © 2018 The Japan Snake Institute. All rights reserved.

身近な毒ヘビ

※ニホンマムシ​・ヤマカガシは特定動物(人に危害を加える恐れのある危険な動物)に指定されており、飼育等には許可が必要です。

 

​ニホンマムシ(毒ヘビ)

胎生で9月頃に子ヘビを生む。草刈りやキノコ採り、農作業中等に手を咬まれることが多い。色彩変異が大きく、判別が難しい場合もある。攻撃範囲は30cmほど。

​よく目にする体色

​黒化型

​赤っぽい体色

​褐色で斑紋がない

​子ヘビ

​アルビノ(黒色色素の欠乏)

 

​●黒化型

全身真っ黒の個体がしばしば見られるが、多くはあごの下が黄色い。

●子ヘビ(関東)

ヤマカガシ(毒ヘビ)

●​関東・東北

赤と黒の斑紋が特徴であるが、個体差は大きい。カエルをエサとしているため、水田や池、川で多く見られる。

​●近畿

赤と黒の斑紋がほとんどない個体が多く見られる。関東産との中間色も多い。

​●中国

中国地方では、もちろん赤と黒の斑紋の個体も見られるが、上のような青みがかった個体もしばしば出現する。